返済不能を認めてもらう手続き

返済不能を認めてもらう手続き

返済不能を認めてもらう手続き

消費者金融や信販会社のキャッシングを利用することなどで、多額の借金を抱えてしまったときには、借金返済ができなくなることが考えられます。自力で借金返済が不可能な状況に陥ったときには、法律事務所に相談することが大切です。

 

 

弁護士などが運営を行っている法律事務所の中には、債務整理について積極的に取り扱っているところがあるために、借金問題に対応することが可能です。経験豊富な弁護士に依頼をすることで、借金額と収入額を照らし合わせることでどのような解決法を行うことが良いのかアドバイスをもらうことができます。

 

 

多額の借金を抱えている債務者が、収入や資産がほとんどない状況であれば、債務整理の中でも自己破産を検討していくことになります。自己破産は地方裁判所に申し立てを行う手続きで、裁判所によって借金返済の能力が無いことを認めてもらうと、その後の借金返済義務を免責してもらえます。

 

 

自己破産が成立することで、現金や資産の大半を失うことになりますが、元々それほど財産を持っていない人であれば、デメリットの少ない債務整理の方法と言えます。住宅や自動車などの、生活の基盤として一定の財産を持っている債務者の場合には、別の債務整理として任意整理などの方法を検討していくことになります。

関連ページ

おまとめローンで軽減する
ローンが払えず数ヶ月滞納してしまった。自分はどうなるのか。ローン滞納後に取る方法をお伝えして行きます。ベストな方法で対応して行きましょう。おまとめローンで返済額を軽減する
一人で悩まないで下さい。
ローンが払えず数ヶ月滞納してしまった。自分はどうなるのか。ローン滞納後に取る方法をお伝えして行きます。ベストな方法で対応して行きましょう。
債務整理と過払い金の違い
債務整理と過払い金の違いを詳しくみていきましょう。
債務整理をしたその後は?
ローンが払えず数ヶ月滞納してしまった。自分はどうなるのか。債務整理の後に取る方法をお伝えして行きます。ベストな方法で対応して行きましょう。
ホーム RSS購読 サイトマップ