債務整理後について

債務整理をしたその後の自宅について

債務整理をしたその後の自宅について

債務整理をする事によって、今ある借金を減額したり免除してもらったりする事が出来ます。
それによって現状では返済できなかった借金問題から解放されると言うメリットがあり、現在では毎年多くの人がこの方法を利用しています。
ただ、債務整理と言うと借金問題を解決する事は出来ると言う事は良く知られていますが、自身の財産についてはどのような扱いになるのか分からないと言う人も少なくありません。
では実際にはどのような事になるのでしょうか。

 

債務整理を行うと、選んだ方法によっては自宅を失うと言う事にもなります。
それが自己破産です。
自己破産では弁済に充てる事が出来る財産は手放す事になっているので、自宅なども手放して弁済に充てる事になります。
勿論その後の生活を送る事が出来なくなってしまう訳ではありません。
最低限の生活を送り、人生のやり直しをする事が出来ます。

 

ただどうも混同されてしまうのか、どの債務整理の方法を選んだとしても自宅を手放す事になると思っている人がいると言う事です。
しかし実際にはそうではありません。
確かに自己破産の場合は自宅を手放す場合がありますが、これも自分の名義になっている時のみで家族名義の場合は何ら関係は有りません。
また任意整理などの場合は整理する債務を自分で選ぶ事が出来るので、自宅が担保になっている債務を対象外にする事も可能です。
従って、債務整理をするとその後自宅が無くなると言う訳ではなく、選んだ方法によっては手放す事があると言うことを理解しておく事が重要です。

関連ページ

おまとめローンで軽減する
ローンが払えず数ヶ月滞納してしまった。自分はどうなるのか。ローン滞納後に取る方法をお伝えして行きます。ベストな方法で対応して行きましょう。おまとめローンで返済額を軽減する
一人で悩まないで下さい。
ローンが払えず数ヶ月滞納してしまった。自分はどうなるのか。ローン滞納後に取る方法をお伝えして行きます。ベストな方法で対応して行きましょう。
債務整理と過払い金の違い
債務整理と過払い金の違いを詳しくみていきましょう。
債務整理をしたその後は?
ローンが払えず数ヶ月滞納してしまった。自分はどうなるのか。債務整理の後に取る方法をお伝えして行きます。ベストな方法で対応して行きましょう。
返済不能を認めてもらう手続き
ローンが払えず数ヶ月滞納してしまった。自分はどうなるのか。返済不能を認めてもらう手続きをお伝えして行きます。1人で悩まないで。
ホーム RSS購読 サイトマップ