債務整理後の生活

債務整理をしたその後は?

債務整理をしたその後は?

債務整理をすると、その後の生活にどのような影響があるでしょうか。債務整理に共通するデメリットとしては、信用情報ブラックリストに載ってしまうというデメリットがあります。任意整理の場合はおよそ5年、個人再生と自己破産の場合はおよそ5年〜10年間ブラックリストに載った状態になります。

 

 

そのため、クレジットカードやローンの審査に通らなくなります。この対策としては、なるべく貯金をしておいて、いざという時の出費に備えることです。一般的には、借金を大きく減額できるというメリットのほうが大きいでしょう。

 

 

債務整理をしたという情報は、重大な個人情報ですので、弁護士や裁判所、金融機関から周囲の人にバラされる心配はありません。自分でだれかに話してしまって、周囲の人に知られてしまうということはありますが、気をつけておけば心配はありません。もしも周囲の人にバレてしまっても、そのことを理由に仕事を解雇したり、賃貸の部屋を追い出すことは法律で禁止されているので、基本的には影響はありません。

 

 

自宅に電話がかかってくるという噂がありますが、これはおそらくヤミ金業者などでしょう。個人再生もしくは自己破産をすると、官報に個人情報が載ってしまいます。官報には毎日たくさんの情報が記載されているので、一般人がチェックしていることはまずありません。

 

 

 

しかし、ヤミ金のような違法業者は、ターゲットを探すためにチェックしていることがあります。しばらくは自宅に電話がかかってくるかもしれませんが、無視していれば半年程度で止まります。

関連ページ

おまとめローンで軽減する
ローンが払えず数ヶ月滞納してしまった。自分はどうなるのか。ローン滞納後に取る方法をお伝えして行きます。ベストな方法で対応して行きましょう。おまとめローンで返済額を軽減する
一人で悩まないで下さい。
ローンが払えず数ヶ月滞納してしまった。自分はどうなるのか。ローン滞納後に取る方法をお伝えして行きます。ベストな方法で対応して行きましょう。
債務整理と過払い金の違い
債務整理と過払い金の違いを詳しくみていきましょう。
返済不能を認めてもらう手続き
ローンが払えず数ヶ月滞納してしまった。自分はどうなるのか。返済不能を認めてもらう手続きをお伝えして行きます。1人で悩まないで。
ホーム RSS購読 サイトマップ