債務整理と過払い金の違いを覚えよう

債務整理と過払い金の違い

債務整理と過払い金の違い

債務整理と過払い金請求の違いが分からない方も多いようです。どちらも借金を整理する方法には違いありませんが、その根本となるものは全く異なります。

 

 

まず債務整理とは、借金を整理するための色々な方法の総称です。一番よく知られているのは自己破産ではないでしょうか。一方で過払い金請求は、払いすぎた利息を取り戻す手続きです。利息を払いすぎるという特性上、現在では既に借金を完済している方が対象になります。何故利息を払いすぎてしまう場合があったのかというと、そこには利息制限法と出資法という2つの法律が絡んできます。

 

これらはどちらも貸金業に対して利息の上限を制限する法律だったのですが、その内容は大きく乖離していました。利息制限法では金額によって利息を定めており、たとえば10万円以上100万円未満の借り入れでは18パーセントを上限とし、一方で出資法では金額の大小に関わらず最大29.2パーセントと定められていました。

 

そして利息制限法は守らずとも罰則が実質なかったのですが、出資法にはそれがありました。そのため貸金業者は出資法に従って営業を行っていることが多かったのです。ですが2006年の最高裁で、出資法と利息制限法の上限の差分は違法とし、これを債務者へ返済しなければならないと結論が出ました。

 

 

それに伴い法律も改定されています。そのため2006年以前に借金をしていた方は、今の法律では払う必要のない利息を払っていた可能性があるのです。そしてそれを取り戻すことは権利として認められており、返還請求することができるというわけなのです。

関連ページ

おまとめローンで軽減する
ローンが払えず数ヶ月滞納してしまった。自分はどうなるのか。ローン滞納後に取る方法をお伝えして行きます。ベストな方法で対応して行きましょう。おまとめローンで返済額を軽減する
一人で悩まないで下さい。
ローンが払えず数ヶ月滞納してしまった。自分はどうなるのか。ローン滞納後に取る方法をお伝えして行きます。ベストな方法で対応して行きましょう。
ホーム RSS購読 サイトマップ